人と比べて落ち込む、嫉妬する、自信がなくなる…への対処法。

人と自分を比べて落ち込み、自信がなくなる…

自分よりすごい人を見つけて落ち込む。

何かを始めようと思ったときに、同業ですでに成功している人を見つけて「うわ、こんなすごい人がいる!私なんかがやってもいいのかな…」

そんな風に、行動にブレーキがかかってしまうことってありませんか?

今回は、そんな時の対処法について^^

誰かと自分を比べる必要はない

ありきたりな答えになっちゃいますが、誰かと自分を比べる必要は全くありません。

なぜなら、AさんにはAさんの魅力が、自分には自分の魅力があるから♡

そして、同業のAさんと相性のいいお客様もいれば、Aさんとは相性が悪いけれど、自分とは相性がイイ!というお客様も必ずいます^^

誰が一番いいとか悪いとか、そんなの一概に決められない!!んですよね。

 

もう何度も耳にされたことがあると思いますが

自分と他人は違う魅力・スキル・経験・能力を持っています。

だから、一見同じ種類のサービスを提供しているようで、全く同じものは存在しません!

これは、たとえ協会の決まったコンテンツ(全く同じコンテンツ)を提供しているとしても。

 

人柄が違えば場の雰囲気も変わってくるし、これまでに経験してきたことが違うと、語れる体験談も違うし…

だから、やっぱり細かく見ると絶対に違うんです!

 

比べて落ち込む、羨ましく思うのは…

とはいえ、この記事を読んでくださっている方は「自分と他人は違うとわかっていても比べちゃう」という方だと思います。

ですよね、比べちゃいますよね。

そんなときは、比べて卑下する、卑屈になるのではなくて。

「あ、そっか、自分もあんな風になりたいと思ってるんだ」「あ、自分もあんな風でありたいと思ってるんだ」って、素直に認めちゃうことです。

比べてしまうのは、羨ましく思ってしまうのは、自分もそうなりたいと思っているから!!

それを認めると、すごく楽になると思います^^

 

他人のすごい部分をしっかり分析する

「自分も実はそうなりたいと思ってる、そうありたいと思ってるんだ」ってことを認めた上で!!

次にするのは「分析」です。

なんとなくの「いいなー」では、参考にも何にもなりません。

「そうなりたい!!なら、なればいいじゃない♡ じゃあ、どうすればそうなれるの??」ということを考えるために。

ついつい比べてしまう、他の人のことを分析します。

 

  • あの人・あの人のサービスで「素敵だな」「すごいな」と思うのはどんなところ?
  • どんなところが「敵わない」と思うの??

そんな風に、ついつい比較して「自分との違いを感じてしまう部分(劣ってるように感じてしまう部分)」がどんなところなのか?ということを具体的に知る、という作業をしてみてください。

 

「なんかいいなー、すごいなー」のままだと、何も変わりません。

でも、具体化させることで、その要素を自分に取り込む/取り入れることができ、自分なりに「そうなりたい」をどうやって叶えればいいのか?ということが見えてきます♡

自分に自信を持つために分析する。

でも、これだけじゃ、まだ「やっぱりあの人の方がすごい…」で終わってしまいそうですよね^^;

なので、もうひとつ分析を^^

 

あの人(あの人のサービス)と自分(自分のサービス)を比べて

  • あの人がやっていない(ように見える)けど、私がやっていること。
  • あの人はできなさそう(に見える)けど、私はできること。
  • あの人を見て、私だったらもうちょっとこうするのに….と思うところ。

そんなところを見つけてみてください。

 

それは、どんな小さな小さなことでもOK!!

例えば、見た目の印象に関することなどでもいいです♡

これで見えてきたことは、あなたの強み・特徴。

 

他の人の素敵なところ、他の人のサービスの魅力は、たくさんたくさん見えるものですが、自分のこととなると見えてないことの方が圧倒的に多いもの。

けれど、こうやって分析をしてみると、あの人にはあの人の良さがあって、自分には自分の良さや魅力があるな…なんて思えてくるはず♡

ちゃんと自分のことも認めてあげてくださいね^^

まとめ

誰かを羨ましく思ってしまうのは、悪いことじゃありません。

でも、だからといって自分が小さくなる必要もありません。

今の自分のできていること・良いところもしっかり認めて、今の自分ができるベストを尽くす♡

そうしながら、さらに素敵な自分を目指して理想や憧れを取り入れ、叶えていく!

そのスタンスが、ブレずに前に進み続けるためには大切です♡

ぜひお試しくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です