「私の夢」を「応援される夢」に変えよう

自分でビジネスをするときには、何か夢や目標があって始めるのだけれど。
 
そのはじまりの「私はこうしたい、こうなりたい」の多くは、自分目線だったりもしますよね。
 
もちろん、それは大切にしなくちゃいけないこと。

何が好き、何が嫌い。

どうしたい、どうなりたい。

何はいや。

 
わざわざ自由のきく「起業」という道を選んだなら、そういった価値観を大事にできるのが醍醐味のひとつですもんね。
 
 
 
その始まりの動機は、「私の夢」で全然いいのだけれど。

実際には、そこから視点を上げて、想いを発展させていくことが大切です。
 
 
なぜなら、ビジネスとは「誰かを幸せにすること」「誰かのお役に立つこと」であって。
 
個人的な「私はこうしたい!こうなりたい!」に、世の中の人は興味もないし、応援したい!とも思わないからです。
 
 
共感・応援される夢というのは、誰かの夢を叶えるもの。誰かの想いを叶えるもの。
 
 
だから、自分目線の理由から、もっともっと広い視野で。
 
それを自分が仕事としてしていくことで
 
・関わる人たちはどうなれるだろう?
 
・どんな風に幸せになれるだろう?
 
・どんな社会貢献となるのだろう?
 
と、想いを広げてみてください。
 
 
そして、自分目線だった想いが
 
・誰かの(みんなの)こんな夢を叶えたい
 
・誰かの(みんなの)こんな想いを叶えたい
 
というものに変わったとき。
 
 
 
自分の声に耳を傾けてもらえる、応援してもらえる、という状況になっていきます^^
 
 
ほんと、ビジネスって、どこまでも徹底的に相手目線。
 
 
これからビジネスを作っていくときも、未来のビジョンを更新していくときも。
 
 
とにかくいつも、自分と相手両方の視点から、物事を見てみることがポイントですね。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です