あなたのそのサービス、過剰サービスじゃない?

9月が始まって、秋のご入会キャンペーンとか、お友達ご紹介キャンペーンとか、そんなワードをよく目にするようになりました。

日々、ご相談を伺っていると中には

「もっと沢山の方に体験していただきたい!」

「もっと沢山の方に継続(入会)していただきたい!」

という思いから、あれもこれもの大サービス!をしてしまっているケースがあります。

よくある通販番組の「今ならなんと!さらにこれも!そして今から何時間限定でさらにこれも!」みたいな印象…笑

もちろんどこまでサービスするかは自由なのですが…

「そこまでのサービス、本当に必要?ちょっとやりすぎじゃない?」って立ち止まってみることも大事だと思います^^

そもそも「商品・サービスそのもの」に価値があることを忘れないで!

まず前提として、良質な商品・サービスを提供をするということだけで「十分に価値がある」んです。

もちろん、まずは知ってもらうためにということで、初回特典やキャンペーンなどを用意するのはいいと思います。

「今!」という緊急性や限定感を使うのも効果的ですから。

でも、あれもこれもそれも!!!! の大大大サービス!みたいになっている場合。

それは、お客様のためのサービスという目的よりも…

そもそも自分自身・自分の商品に自信がない。

それゆえの大サービスってことも多いんです。

ご相談を受けてそれを指摘すると、「ハッ!!」としたり「!!!バレた…」みたいな反応は、かなりのあるあるです。笑

「お得だから売れる」わけじゃない

通販番組を見ていても、あれもこれもそれも!さらに今だけ!とサービスが付いたからといって「じゃあ買おうかな!」って必ずしもなるわけじゃないですよね。

ちょっと考えてみてください♡

そもそもメインとなる商品の価値や魅力が伝わってきて、「あーいいなー!!欲しいなー!!」と気持ちが盛り上がったタイミングで、さらに「これもつきます!」とか「今ならこの価格!」「限定何個!」など「今だ!」という理由があれば思わず速攻ポチっ!と注文すると思うんです。

そもそも、その商品自体の価値がわからなかったら、それが魅力的じゃなかったら、どれだけお得でもやっぱり要らないですよね。

逆に、特に全然お得じゃなくても、価値を感じている「欲しいもの」はやっぱり欲しい!

煽りに乗ってしまって「よくわからないけど、なんかお得そうだし」で、ポチ!ということもありえますが、結局あとあと「やっぱりコレいらなかったな….」「なんか衝動買いしちゃったけど、微妙だったな…」なんてことになる可能性は大です。

そんな風にご満足いただけなかったお客様から広がる口コミほど、怖いものはありません!

まとめ

安さやお得感ではなく選ばれて、大満足で愛される♡

そんな商品づくりや、魅せ方・伝え方、「あり方」を心がけたいですね。

 

もし過剰にあれもこれもとお得なサービスをしたくなったら…

(過剰かどうかは、ご自身ではあまり自覚がないことも多いのですが^^;)

 

  • 本当にそれって純粋にお客様のため??(=自信のなさをぼやかすためだったりしない??)
  • 本当の意味で、満足していただける工夫や、そもそもの商品づくりができてるかな??
  • 自信を持って提供できる状態(スキル面などを含めて)なのかな?

 

そのあたりを一度振り返ってみるといいかなと思います。

 

何か参考になるところがあれば幸いです♡

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です