ターゲットを絞るメリット!食パン専門店「乃が美」や「セントルザ・ベーカリー」

今まで一度は「ターゲットを絞ろう」というワード、聞いたことがあると思います。

でも、ターゲットを絞るって勇気がいるし、怖いですよね。

そんなに絞ったら、お客様がいなくなっちゃうんじゃないか??なんて思ったり。

でも、食パン専門店「乃が美」や「セントルザ・ベーカリー」に見るターゲットを絞るメリットのお話を聞いたら、どうでしょう….??

なるほど、ちょっと絞ってみようかな♡って思えるかもしれません^^

 

商品を絞り込んだ食パンだけのパン屋さん

あなたは「パン屋」と聞くと、まずどんなお店を想像しますか??

どんな商品が並んでいるのを想像するでしょう??

フランスパン、食パン、菓子パン、総菜パン、サンドイッチ….
きっと、バラエティー豊かに色々なパンが並んでるお店を想像しますよね。

でも、銀座・青山にある「セントルザ・ベーカリー」や、大阪発祥で全国展開をしている「乃が美」をご存知でしょうか??

どちらも、食パン専門店。

1本が2斤分のサイズで、お値段も800円以上とちょっと食パンにしては高めの設定。

私がよく利用する銀座のセントルザ・ベーカリーは、いつも行列で1時間待ちなんて普通!!

寒さ暑さも関係なく、雨の日だってお店の外には人が並んでいます。

で、びっくりするのが、その商品ラインナップ。

セントルザ・ベーカリーは、イギリス食パン、外国産小麦を使ったプルマン、国産小麦を使った角食パン、3種類のみ!

乃が美に至っては、「生」食パン一種類のみ!

多少、ジャムやバターなども並んではいますが、パンとしては食パンのみ!!なんです。

 

 

ターゲットを絞るからこそ際立つ魅力

食パンしか売ってない。

でも、そのひとつ(食パン)に相当な想いとこだわりを持って作っている。

これってすごく魅力なんですよね。

もちろん、いろんなパンを売っているお店にも、すっごく美味しい絶品の食パンはあると思います。

でも、絞るからこそ!魅力がより際立つし、訴求力が上がる!

「何かを専門にする=それに対する信頼度が増す」ということなんですね。

興味がある(好き)な人にとっては価格以上の魅力が!

もちろん、これ、食パンに興味のない人はきっと買わないですよね。

「そんな高い食パン、わざわざ買う?!」と思う人もいると思います。

でも一方で、「食パンが好き!」「美味しい食パンを食べたい!」「耳まで柔らかい食パンを食べたい!」という、食パン愛がある人たちにとっては、すごく魅力的!!

「一度は乃が美の食パンを食べてみたいーーー♡」ってなるんですよね。

そして、そこから一定数のリピーターが生まれるし、口コミも広がる♡

1種類しかないけれど、決して安くはないけれど、お客様がどんどん集まる♡

ひとつに絞って、その1つに磨きをかけるということの、分かりやすい例です。

 

起業家はターゲットを絞り込む戦略を!

あなたもサービス・商品を絞るとなると、ドキドキしちゃいますよね。

でも、ここは勇気を出してやってみてください!

  1. コンセプトを絞り込む
  2. 商品を見直す
  3. 価格を上げる
  4. より選ばれるようになる
  5. 口コミも広がり濃いファンがつく

という王道パターンは、私がプロデュースしているクライアントさんたちの結果をみても、間違いない!!と言い切れます。

まとめ

今回は、ターゲットを絞るメリット!食パン専門店「乃が美」や「セントルザ・ベーカリー」についてお話ししました。

あなたも怖がらずに、ターゲットを絞ってみてください。

私はどのポイントで絞ればいいの?
実際どんな風にすればいい??

もし、そんな風に迷われたら、一度お話し聞かせてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です