自分の内面を外に出すことに抵抗がある...発信することに抵抗がある...という方は、意外と多いです。

でも、世の中に良質なものが溢れ「何を買うか」よりも「誰から買うか?」という側面が強くなってきている今。

やはり「自分がどういう人なのか?」という部分を伝えていくことは大切です。

今回はそんなお悩みが軽減する、「自分のために撮る自撮り」についてお届けしてみたいと思います。

↑ダイジェストで聞きたい方は、音声でもどうぞ^^

自撮りでセルフイメージが上がる?!

そういうご相談を受けたときに、私が提案するチャレンジのひとつは...

投稿するためにではなく、自分のために撮る「1ヶ月毎日自撮りチャレンジ」

(もちろんクライアントさんの状態によって、適切な課題は変わるので一律ではないですが^^)

そもそも、写真に映る自分を見るということが、かなりパワフル!

俯瞰的に客観的に自分を見ることができて、セルフイメージが一気に変わったりもします。


鏡で自分を毎日見ることはできるけど、それだとどうしても主観というフィルター越しになってしまうんですよね。

でも、写真という形だと、不思議と少し冷静に距離を置いて自分を見ることができるんです。

1ヶ月のチャレンジをコンプリートした方たちは皆さん

「私ってこんな感じなんだ^^」「私、なかなかいいじゃん!!」って自信が持てるようになったり。

「せっかくだったら、もうちょっと自分に手をかけよう」とか「もっと自分を大事にしよう!」というっていう意識になるとおっしゃいます。

あとは「生活にハリが出た!」とか、「美意識までアップしてきた!」とか^^


とにかく、そんな風に確実に良い効果を実感されるんです。

自撮りを初めて1週間で効果を実感!!

以前に1ヶ月自撮りチャレンジをしてくださったクライアントさんの事例をご紹介すると...

その時は、自撮りの効果とか意図などは、あえて何もお伝えせず始めてもらいました。


自分で撮っておしまいよりも、報告する方が続きそう...と、毎日自撮りの写真を私に送ってきてくださっていたクライアントさん。

チャレンジ1週間目くらいで、早速こんなお声が!!

正直最初は、えー!?年甲斐もなく??そんなの、どうなの??って思ったのですが...

自分のこともまんざらじゃないと思えて、セルフイメージもあがってきたし。

これが不思議なんだけど、生活にメリハリが生まれました。

どんなに仕事が忙しくても、自分に手をかけて丁寧に過ごせていて、毎日がとてもいい状態!

撮ることがいいのか?

撮った写真を見るのがいいのか?

麻美先生に送ることがいいのか?

あ、でも麻美先生に送っているのは間違いなくメリハリ付けになってる!

きっと、全部いいんですよね♡

思ってもなかった効果に自分でも驚いています。

実際、チャレンジを始める前よりも、纏うオーラも断然煌めいてきいて、見た目にもその変化は明らか!!

セルフイメージもかなり上がり、行動も軽やかに!

「チャレンジしてみてよかった!!」っておっしゃっていました^^

私は、自分で撮る、自分を撮る、どちらも「自撮り」と呼んでいますが、その効果はかなり絶大!!

自撮りの心理効果

これは後付けで知ったことなのですが、実際、自撮りの心理的効果の研究結果もあるんです。

アメリカのカリフォルニア大学アーバイン校で行われた実験だそうなのですが

41人の被験者に

・笑顔の自撮り写真を毎日撮るグループ

・自分がうれしくなる物の写真を毎日撮るグループ

・他者を喜ばす物の写真を毎日撮るグループ

に分かれてもらい、毎日1枚ずつ4週間にわたって、それぞれ与えられた課題の写真を撮影してもらったところ。

3週間を過ぎた頃には、これらのどのグループもポジティブな感情の増加が観察され、写真を毎日撮ることだけで、幸福感が増すこということがわかったそうです。

そして、自分の笑顔の写真を毎日1ヶ月自撮りし続けた人たちは、自信がアップした、日常生活の満足度が上がった。

自分がときめくもの、気持ちが幸せになるものを毎日1ヶ月撮り続けた人たちは、他者や自分の身の回りのことに感謝の気持ちが高まって、他人に優しくなれた。

誰かを幸せにできそうなものを、毎日1ヶ月撮り続けた人たちは、リラックスできてストレスが軽減し自分のパフォーマンスが上がった。

との結果が!!!

(中でも、一番ポジティブな感情が増加したのは、笑顔の自撮り写真を撮ったグループだったとのこと!)


いずれにしても、この3つはどれも幸せ度をあげることにつながる!ということなんですね。

まとめ

いかがでしたか?

自撮りなんて年甲斐もなく...なんて思ってしまったりするかもしれませんが、誰かに見せたり、どこかに投稿したりしなくてもいいんです!


まずは、自分のためだけに、自分の笑顔の写真を毎日撮ってみるチャレンジをされてみてはいかがでしょうか?


1ヶ月もーーー!?と思うなら、ハードルは小さめにまずは7日間から^^


上でご紹介したクライアントさんのように、きっと効果を実感することができて、残り3週間も続けられると思います。

無形のサービスを扱っている場合は特に「自分自身」が商品です。


セルフイメージを上げるって、かなり重要で侮れませんよ^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です