忙しいのに売り上げが上がらない人のためのセルフワーク

色々商品・サービスがあって集客もできている。一見順調に見えるのに、売り上げとしては立っていない。

こんなに忙しく動いているのに、改めて考えると収入が全然見合ってない….!!!!

こういったお悩みは、とっっても多いご相談テーマのひとつ。

 

そんな状況にあるとき、オススメしたいのは「まずは状況を整理してみる」ということ。

今回は、自分のビジネスを俯瞰するきっかけとなるセルフワークをご紹介しますね。

あなたの現状を全体図で見える化しよう

  1. まず、紙と付箋を用意してください。
  2. 付箋にひとつひとつ商品・サービスの名前を書きます。
  3. 紙に横と縦に大きく十字(横・縦軸)を書きます。横軸はお客様が購入(利用)の際に感じる心のハードル度合い。
    なので、左に「低い」、右に「高い」と記入。縦軸は、縦軸は価格を表します。
    下に「低い(あるいは無料)」、上に「高い」と記入。
  4. 書いた付箋を一枚ずつ振り分けていきます。

振り分ける際のポイント

「心のハードル度合い」と言われても、ちょっとわかりにくいかもしれませんね。

なので、その場合は、横軸を3つのエリアに分けて考えてみてください。

  • 一番左寄りには、お客様と出会うきっかけになるもの
  • 真ん中あたりは、単発のサービスなど、比較的気軽に購入・利用しやすいもの
  • 右寄りには、お客様の欲しい未来をしっかりと叶えるリピートや継続性のあるもの。

理想は階段状に付箋が並ぶこと。

いかがでしょうか?

図にしてみると、「あ、すごく左に偏ってる!」「下の方で横に並んでる!」「ここの部分に付箋がない!」など、結構偏りがはっきりと見えてくるのでは?^^

理想は、左下から右上にかけて、階段のように付箋が並んでいること。

ですが、忙しい割に売り上げが上がらない…と言っている方は、ずーっと下の方に付箋が横並びになってる傾向にあります。

(もちろん業種や商品の内容によるところもあるので、一概に言えない部分はあります。)

新しい商品を作る、サービスを考える、今のラインナップをリニューアルしていく。
というときには、この図をぜひ思い出してみてください。

私もクライアントさんのプロデュースをする時には、常に「全体図」を頭の中に置いて考えています♡

 

お客様との関係は「だんだん濃く」が理想です。

お客様との関係は、恋愛と一緒♡です。

だんだん「濃く」していくもの。

恋愛でも、出会いからお付き合いするまで、流れがありますよね。

例えば

みんなで遊びにいく(出会う)

何回かそれを繰り返す

二人で遊びにいく(よく知る)

付き合う(二人で幸せになる)

のように♡

商品・サービスもこれと同じ。

お手軽レベルがあって、お手軽レベルが低いものほど出会い向き。

お手軽レベルが高い(=お手軽じゃない)ほど、お付き合い向き。

ビジネス的に言うと

フロント(エンド)商品 

(ミドルエンド商品)

バックエンド商品(本命商品)

この流れが大事!

お付き合いをするからこそ、本当にお客様を幸せにできるんですよね。

この流れを意識して、商品を作る、ビジネスを組み立てていくことが超重要ポイント。

ですが、「そもそも、そんな流れを知らない」「知ってるけど形に落とし込めてない」っていう方は意外に多いんです。

まとめ

現状を変えるには、現状を客観的に把握することから♡

なんか疲弊するばっかり…。頭打ち感がすごい…。

という方は、まずはぜひ、セルフワークで全体を俯瞰することから、取り組んでみてくださいね^^

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です